日本人に多いのがⅡ型糖尿病で生活習慣に問題がある

日本人に多いのがⅡ型糖尿病です。ほとんどの方が糖尿病になるとしたらコレです。

まずは、Ⅰ型糖尿病がありますが、これは、インスリンを分泌する膵臓にはハンゲルハンス島というのがありβ細胞があります。このβ細胞が何らかの原因で破壊されてしまいインスリンを分泌する事ができなくってしまった状態の事を言います。

インスリンが分泌されないので、糖尿病になってしまうわけです。

問題なのはⅡ型糖尿病

Ⅱ型糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンの量が少なかったりインスリン抵抗性が出ているために上手く機能しないのが原因です。

ほとんどの場合が生活習慣病による物なので、解決できるはずの糖尿病なんです。一度、糖尿病になってしまったら治らないので覚悟してください。

特に、日本人の場合は、インスリンを分泌するチカラが弱いので余計に糖尿病になりやすいように思いますし、血糖値が上がりやすいです。

だから、血糖値が高めの人はいますぐにでも食事や運動を改善する必要が出てくるのです。

具体的にどのように食生活を改善すればいいのか?

食生活で改善しなければいけないのは、カロリーではありません。たまに、勘違いしている方がいるのですが、カロリーを抑えればいいと思っている方が多いです。

そうではなく、糖質を制限しないと血糖値はいつまでたっても改善されません。血糖値が高い人は、1日に糖質を200g以上摂っている人がほとんどなのではないかと思います。

では、どのくらい制限する必要があるのかというと、1日に70~100g程度まで抑える必要があります。だから、今ままでの半分近くまで落とす必要があります。

飲み物や間食もかなり抑えなければなりません。

はじめから半分に落とすのではなく糖質をちょっとづつ減らしてく事が大切です。例えば、炭水化物の白いご飯はいつもの半分から始めるのはどうでしょうか?

炭水化物は、食物線維と糖質ですので抑えれば血糖値の改善になります。

もちろん、白いご飯い糸こんにゃくを入れて抑える方法だってあるので、色々と工夫のしようがあるんです。

血糖値を上昇させない食べ方

急な糖質制限がきつい人なら食べ方でも血糖値の上昇を抑える事は可能です。例えば、一番始めに野菜サラダをとって、食物繊維をたくさんとる方法です。

腸内の糖の吸収を抑える事が出来る上に肥満対策にもなるのでお勧めの方法です。

また、レジスタントスターチというのもあり、冷やして食べる事で糖質が食物繊維と同じような働きをするという物です。

かけそばよりもざるそばを食べたり、ラーメンよりもつけ麺がお勧めです。

このようにして食べ方を工夫する事でいくらでも血糖値を抑える事が出来るんです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>