食物繊維をしっかりとって糖の吸収を抑えれば血糖値の上昇抑える

血糖値対策なら食物繊維がお勧めです。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2つがあります。

この2つが血糖値に大きく関係してくるので食事をするときに意識してとってほしいです。特にごぼうには、食物繊維が多いですし、アサイーというフルーツにはごぼうの約4倍の食物繊維が含まれているのでお勧めです。

食物繊維で腸を綺麗にする

不溶性食物繊維は、水に溶けずに体内で吸収されない食物繊維です。大腸ないで水分を吸収して便を柔らかくしたりと快便を促す働きがあります。

食物繊維の破片が糖質などを包み込んで糖の吸収を抑えたりもしますし、消化をゆっくりにして血糖値の上昇を抑える事だって出来るんです。

だから、食物繊維をしっかりとる事はとても大切な事なんです。

水溶性食物繊維の場合は、水に溶けるのですが、溶けた後はネバネバした感じになるので、消化管をゆっくりと移動させるので消化吸収を抑える事になるんです。

食物繊維をとれば、血糖値の上昇を抑える事につながるんです。

食物繊維を多く含む食材は何か?

食物繊維を多く含むのは、やっぱり野菜ですよね。

代表的な物はブロッコリーやごぼう、キャベツ、しいたけ、エリンギなどです。
海藻・こんやく類にも多く含まれています。

食物繊維は、熱に強いので加熱調理しても壊れる心配が少ないので安心して食べる事が出来ます。熱処理されてしまうととりたい栄養素が逃げてしまう事がありますからね。その点では、食物線維にその心配はないわけです。

1つ注意したいのが、サプリメントから必要以上にとってしまうと栄養の吸収を阻害する恐れがあるので、過剰摂取には注意しましょう。

食事から取っている限りは心配はありませんので、毎日の食事からちょっとづつでも食物繊維を取る事を意識するだけでかなり変わるのではないかと思います。

当サイトでも紹介しているのですが、効果的な食べ方があります。
それは、ベジ・ファーストという食べ方です。炭水化物などよりも一番初めに野菜を食べる事で、噛む回数が増えたり飲みこむのに時間がかかります。

そのため、食事のスピードがゆっくりになったり消化吸収がゆっくりになるので急激な血糖値の上昇を抑える事が出来ます。

さらに、満腹感も出てくるので食べ過ぎの予防にもなりますしインスリンに負担を減らす事が出来るます。また、食後高血糖の予防にもなり血糖値改善にはぜひやって欲しい食べ方なんです。

血糖値を改善の基本は、食物線維と思ってもいいぐらい大切な事だと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>