ビタミンB1が糖の代謝を促進して不足しないように豚を食べよう!

食事をすると血糖値が上がるのは、糖質をとる事で血液中にブドウ糖が増えるからです。そのブドウ糖を筋肉や脳のエネルギー源として使われます。余ったブドウ糖とは、肝臓にいって中性脂肪となって残ります。

ビタミンB1が糖質を分解する

ビタミンB1は、糖質をブドウ糖に分解する時に必要な成分です。消化酵素が糖質を分解するときにビタミンが補酵素としての役を担っています。

不足すると、ブドウ糖に分解できずに体内に乳酸という疲労物質が溜ってしまうので疲れやすくなってしまうんです。すると、脳がエネルギー源を見つける事ができなくなってしまうので、精神的にも不安定になってしまうんです。

そのためビタミンB1は必要なのですが、あまり吸収力がよくないと言われています。だから、ビタミンB1の吸収力を上げるためには、アリシンという成分がお勧めです。

アリシンは、ねぎやにら、玉ねぎに含まれているので意識して食べるといいと思います。

今度は、筋肉がブドウ糖を燃焼するためには、クエン酸が重要になってきます。糖質をエネルギーに変えるときには、クエン酸サイクルという回路をスムーズにする事で消化、吸収を良くする働きをします。

ビタミンB1が不足すると糖尿病のリスクが高くなってしまう

ヘモグロビンA1cを下げるためには、栄養不足を改善する事が大切で、足りない栄養素を補給する事で糖尿病患者のHbA1cを改善した例があります。

そのときに、注目したいのがこのビタミンB1なんです。
このビタミンB1が不足してしまうとブドウ糖をエネルギーとして変える事ができなくなってしまいます。

すると、血液中にブドウ糖が増えてしまうと脂肪やコレステロールが増えてしまい、血液はドロドロになってしまうんです。

ビタミンB1は、豚に多く含まれているので、冷しゃぶをしてみたり、豚を意識してとるとビタミンB1不足を防ぐ事が出来るのではないかと思います。

また、よく噛む事で栄養素の吸収がよくなるのでお勧めです。

今回は、ビタミンB1の重要性でしたが、なんでもバランスよく栄養をとる事が大切ですし、血糖値が高いなら糖質はやっぱり控えていかなければなりません。

バランスが良い栄養がとれないようであれば、最近注目を浴びているユーグレナを食べてもいいのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>