インスリンの分泌量が落ちているなら亜鉛を取るのが大切

糖質をとると血糖値が上昇しますが、それを抑えるのがインスリンの役目です。インスリンは、膵臓から分泌されるホルモンです。

インスリンの役割は3つあります。

  • 筋肉にブドウ糖を取り込ませる
  • ブドウ糖をグリコーゲンに変えて肝臓に蓄積する
  • 余ったブドウ糖を脂肪に合成して脂肪組織に蓄積する

インスリンにはおの3つの役目があり血糖値を下げる働きがあります。血糖値を上げるホルモンはいくつかあるのですが、血糖値を下げるホルモンはインスリンだけなのでインスリンの分泌が悪くなってしまったり、インスリン抵抗性が悪くなってしまうと血糖値を下げる事ができなくなってしまいます。

亜鉛とクロムがインスリンの材料になる

亜鉛はインスリンの材料であって、細胞を作り変えるときに必要になる成分です。ミネラルの一種でカキに多く含まれています。

クロムは、インスリンの働きを促して糖尿病を予防する働きがありますし、脂質代謝を促して血液をサラサラにする働きがあります。

亜鉛もクロムも必要な成分なのですが、必要な量は微量なので意識してとらなくても普通に食事をしてたら十分に摂る事が出来る量だです。

レトルト食品やファーストフードなどの加工食品ばかりを食べていると亜鉛の吸収の阻害にする添加物が多く含まれている事が多いので注意が必要です。

亜鉛は、カキ、レバー、うなぎ、納豆に多く含まれていています、うなぎとレバーはコレステロールが多いので食べ過ぎは注意が必要です。

クロムは、豚肉やサバ、アサリ、昆布に含まれています。

クロムがなんでインスリンの働きを活性化させるのか?

クロムが体内に入ると、腸内細菌がGTF(耐糖因子)というクロム化合物に合成されて、インスリンの作用を高くする働きがあります。

先ほども微量でいいので、わざわざサプリメントを利用して取る必要はないと思います。

最終的に大切な事はしっかりと食事制限をして血糖値を上げないようにする事です。そのためには、糖質制限と運動をしっかりする事が血糖値改善への近道だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>