血糖値を下げるグァバ茶は食後高血糖を防ぐ事が出来る

食後の血糖値を抑えるためには、グァバ茶を飲む方がいます。本当に血糖値の上昇抑える事が出来るんでしょうか?

グアバは、南国の果物でジュースやジャムに使われてきました。沖縄県では、糖尿病の予防として使われたいたそうでした。

グァバ茶が血糖値に良いといわれている理由は、2つのポリフェノールが含まれているからです。

ポリフェノールのタンニンが血糖値の上昇を抑える

グァバの葉に多く含まれているのがポリフェノールの一種であるタンニンです。この成分は糖の吸収を抑える効果があり、食後の血糖値の上昇を抑える事が出来ます。

これは、ヒトでの実験でもちゃんと効果が確認されていて食後30~60分の数値が発酵グァアを飲んだ時では血糖値では明らかに違う結果になりました。

他にも葉にはビタミンA、C、Eなどが含まれています。

ポリフェノールのケルセチンが糖の吸収を抑える

ケルセチンは、腸での糖の吸収を抑えて食後血糖値の上昇を抑える事が出来ます。それだけでなく、高い抗酸化力があるので、活性酸素を除去することが出来ます。

血糖値が高い人は、血管も傷ついている事が多いので、抗酸化力で高血圧や脂質異常症の予防になるかもしれません。

今では、グァバ茶は簡単に手に入るのですが、発酵タイプの物を食べるようにしましょう。

発酵せさせた方がケルセチンが約4.7倍ほどに増えてかんり量が多くなりました。

他にもカルシウムや鉄分、ミネラル、ビタミン、ナイアシンと栄養がかなり豊富です。
すぐに血糖値を下げる事は難しいのですが、長期的に続ける事で血糖値が正常値まで戻す事が出来るかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>