知らない人が多いかもしれませんがストレスが血糖値を上げる

現代社会に生きている方は非常にストレスをため込みやすい環境になっています。仕事のプレッシャーもありますが、人間関係や生活面(経済的不安)、将来や老後の考えると精神的にもしんどい物があります。

ストレスが溜め込んでくると、体が疲れてしまって自律神経や内分泌機能が異常になってしまいます。すると、糖代謝機能が下がってしまい血糖値が上がりやすくなってしまうんです。

この辺のメカニズムについて解説していきます。

ストレスと血糖値の関係を徹底解説

私達は、ストレスがかかると脳の視床下部や下垂体から抗ストレス、ホルモンを多量に分泌する指令が出ます。

視床下部から交感神経にそして副腎髄質からアドレナリンがでます。もう一つ経路がって視床下部から下垂体前葉から副腎皮質からコルチゾールが分泌されます。

アドレナリンやコルチゾールは、ストレスに対抗できるようになって血糖値を高めて体を活動するようにしてしまうのです。その結果、血糖値を下げるはずのインスリンの作用が上手く働かなくなってしまうのです。

また、過度なストレスが溜ってしまうのは過食や偏食が原因で、お酒の飲み過ぎや食べ過ぎで生活習慣病の中性脂肪がたまりやすくなってしまうかもしれません。内臓脂肪が増えるとインスリン感受性を低下させてしまい高血糖状態になってしまうかもしれません。

無理をするのをやめよう!

ストレスが原因で血糖値が上昇してしまうのは、食事療法や運動療法よりもやっかいな一面が非常に大きいです。ストレス解消がいいのは分かっているけど、どうやって解消したらいいのかわかならないのが現実だと思います。

本能のままに好きな事をしてみてはどうでしょうか?趣味に没頭したり旅行したりしてみませんか?

それだけで、ストレス解消になって血糖値が改善するかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>